おまとめローンをプロミスで

消費者金融で即日キャッシングをする時には、それぞれの人によって借入限度額が設定されます。どんなにお金を借りたいと思っていても設定をされた限度額を増額しない限りはそれ以上の借入れができません。増額申請を行うと審査があり、審査に通れば増額となります。それでも増額申請をする手間よりも新たな消費者金融で借入れをした方が手っ取り早い時もあります。そのように新たな消費者金融で新規申込みをするうちに、気付いたら複数の会社でキャッシングをしているという状況にも成り得るのです。

 

複数の消費者金融で分散して借入れをする事で、高い金利をそれぞれの消費者金融に支払う事にもなり、異なる返済日の把握も大変になります。

 

 

 

【おまとめローン】

 

複数の会社からキャッシングをして多重債務となった場合には、新たなローンを組む時にも障害となる事もあります。また借金を分散する事で金利をムダに支払う事にもなります。そのような状況を改善するには、おまとめローンの利用がオススメとなります。

 

分散した借金がそれぞれ50万円ずつある時、3社から同様に借入れをした場合はそれぞれ借入れについて18.0%の金利を支払う事になります。それでもおまとめローンで借金を一本化すると3社で合計150万円という事になりますので、金利は15.0%に変わります。その事により毎月の返済額も減少しますし、勿論支払い総額も14万円余りの差が出ます。

 

また返済日を1つにする事で返済計画が立て易くなる事もおまとめローンのメリットと言えます。

 

プロミスでは総量規制の適用を受けますが、おまとめローンも取り扱っていて、こちらの場合では年収の1/3の借入れとなっていても、おまとめローンの利用ができます。

 

 

【プロミスのおまとめローンとは】

 

プロミスのおまとめローンを利用する時は、電話での申込みとなります。プロミスでおまとめローンが利用できるのは、他の業者からのキャッシング即日をまとめる為の借入れです。その際には銀行カードローンの返済はおまとめローンに含む事ができないので、要注意です。
プロミスのおまとめローンで利用できるのは300万円までとなっていて、返済期間は最長10年となっています。対象となるのは前述のように他の業者からのキャッシングとなっていますが、消費者金融の他にクレジットカードでのキャッシングもおまとめローンの対象となります。ショッピング枠については対象外となるので注意が必要です。

 

おまとめローンを利用する事で新たなキャッシング等が難しくなるので、その点については十分に把握をしてから申し込みましょう。
また借入金によってはおまとめローンで金利が変わらない場合もあるので、金利については利用をする前に確認をしておく必要があります。

 

おまとめローンは銀行でも取り扱っています。消費者金融よりも審査は厳しいですが金利が安いので申し込んでみる価値はあると思います。

プロミスの利用方法《申込みから契約・借入れまで》

★概要

 

プロミスでの利用する際の申込みの流れを解説します。
ネット申込み後には振込キャッシングと自動契約機利用の選択肢がありますので、まずはネット申込みをしてみましょう。

 

カードローンには銀行だけでなく、消費者金融で借入れをするという事も含まれます。そんな消費者金融のカードローンを利用するには大手の消費者金融がオススメとなります。プロミスやアコム、モビット、アイフル、ノーローン等が主な大手消費者金融と言われる業者となります。

 

プロミスで利用をしたい時には、どのような手続きが必要になるのでしょうか?

 

 

【ネット申込みから契約までの流れを解説】

 

プロミスでネット申込みをすると申込み完了を知らせるメールが届きます。その後在籍確認となりますので、職場に電話連絡が入る事になります。在籍確認が終了すると、メールで本人確認書類の提出依頼が届きますので、メール添付により書類の提出が可能になります。

 

その後審査が行われて無事に審査に通ると契約内容の確認を依頼するメールが届きますので、承諾をした旨をメールで知らせます。その後指定口座に振込みをして貰えるので、その時点でネットキャッシングが完了します。プロミスからも振込み完了のメールが届きます。この手順で振込みキャッシングができる契約を、プロミスのホームページでも紹介されていますが「Web契約」と言います。

 

 

〈ネット申込みについて〉

 

プロミスで申込みをする方法は、ネット申込み以外にも電話や自動契約機、郵送などの方法を選択する事ができます。それでもパソコンやスマートフォンを持っている人ならば、簡単に申し込めるのがネット申込みです。申込みはプロミスのホームページを開けば直ぐに申込みボタンを見つける事ができますので、その後は誘導に従い必要事項の入力をするだけで申込みが完了します。

 

ネット申込みをする事により、2つの借入方法が選択できるようになります。1つは前記の「Web契約」での振込みキャッシングであり、もう1つはネット申込み後に自動契約機を利用してカードを発行し、ATMでキャッシングをする方法です。

 

自動契約機の利用は申し込みの段階からでも勿論可能ですが、ネット申込みを事前に済ませておく事で面倒な書類の記入や審査待ちの時間のロスを回避する事ができます。

 

一方「Web契約」を利用して振込みキャッシングを希望する場合には、振込先の口座の指定で三井住友銀行、ジャパンネット銀行を入力すると振込み受付時間は24時間となりますので、振込みを希望する場合で口座を持っていればどちらかの銀行を指定します。

 

どちらの銀行でも口座を持っていない場合には、当時の振込キャッシングを希望する場合には午後2時50分まで振込みの申込みを完了させる事が必要です。この場合にはカードは後日郵送されて来ますので、それ以降はカードキャッシングが可能になります。時間に間に合いそうにない場合には自動契約機を利用するようにしましょう。午後9時まで審査が可能になっていますので、カードを当日中に発行してATMでキャッシングが可能になります。

 

 

〈在籍確認について〉

 

申込みをしてから審査に通るまでの間に在籍確認が行われます。在籍確認が終了しないと審査も完了しないので、在籍確認を避ける事は困難となっています。
在籍確認では本人が申込書に記入した通りの会社に本当に勤務をしているのかをチェックします。勿論本人が電話を取る事ができる事が理想的ですが、本人が電話に出なくても在籍している事が確認できれば電話は直ぐに切れますので心配はありません。また個人名での電話が掛かるだけなので、借金が会社に知られる心配も無いと言えるでしょう。

 

 

〈本人確認書類の提出はメール添付が可能〉

 

本人確認書類とは、運転免許証や健康保険証等となります。スマホのアプリでも書類の送付が可能ですが、パソコンからメール添付で送信をする場合には、書類をデジカメ撮影をするか、スキャナに取り込みパソコンへ送ります。審査に通る為に大切なプロセスとなりますので、迅速に書類の送付を行いましょう。

 

 

〈契約の内容を確認する為の電話が掛かって来る〉

 

書類を送付した後にこの電話が掛かってくれば、審査に通ったという事になります。契約についての詳細についての説明があります。具体的には借入限度額、返済の遅延で課せられる遅延損害金の説明等があります。そしてプロミスで行われている無利息サービスについても説明があります。

 

 

〈借入まであと一歩《契約内容事前確認のお願い》〉

 

前記の契約の確認電話の最後にメールが届いている旨の説明を受けます。電話が終了次第メールを開きURLからリンクすると契約内容の承諾ができるページに飛びます。承諾が済むと振込みが直ちに行われるようになっています。
振込みが完了するとお知らせメールが届きますので、入金の確認をします。
この際に先程も触れましたが、振込みを指定した口座により時間の関係で即日振込が難しくなる事もあるので、注意が必要です。提携銀行の口座が無い場合、特に連休が近い時には振込みによる借りれではなく自動契約機の利用がオススメと言えます。

 

 

【プロミスの利用について】

 

プロミスではネット申込みで完了するWeb申込みを利用できるので、申込みから本人確認書類の送付、借入までが全てネットで行えます。
審査の早さだけでなく全体的な流れもスムーズに進める事が可能になるので、即日融資を希望する場合にはプロミスはオススメと言えます。

 

「困った時、最終的に頼れるのは親」

子供の頃は毎月親にお小遣いを貰っていても、成人して社会人になると親からお小遣いを貰わなくなります。そのような年齢になると、今度は極力親には頼りなくないと考える方が多くなると思います。

 

それでも急にお金が必要になって、友人にも借りれず、他の誰にも借りることができない時、最終的に頼れるのは親であると思います。もちろん親ならば無利子で貸してくれるはずですし、少しくらいならムリをしても貸してくれるでしょう。

 

 

また返済でもキッチリといつまで返して欲しいとは言われない可能性も高いです。またそれでも度重なる借金の申し出にも対応してくれることもあるでしょう。

 

それでも視点を変えて考えてみる必要もあります。親が貸してくれるお金は大切な親の生活費、または老後の資金である場合が多いと思います。そのお金を貯める為に長い年月を掛けて働き、節約をしてきたことと思います。

 

親子でも兄妹でも生計は別

例え借入先が金融機関ではなくても、同様の場所で借入れたものとして考えれば、返済の必要性を感じることもできます。親子でも兄弟でもお金は別という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。成人をして別に生計を立てるようになった場合は、お互いに経済状況が違ってきます。

 

少しずつでも良いので返済をしていかれることをおススメします。そうすることで親の方も気持ちが救われると思われます。大切なのはお金ではなく、あなたが親を思いやっているという気持ちなのです。苦しい中でもムリをして返してくれたという事実が、親の気持ちに応えてくれたと感じてくれるでしょう。

 

随分昔に「パラサイト」という言葉が流行ったことがあります。学生を卒業して成人しても親の世話になっている人を皮肉ったのがその言葉でした。そうならないためには、学生時代に借りた学生ローンのお金を少しでも早く返済することです。

 

 

もしも返済するお金が無い、それ以前に仕事も無いということでしたら、国や市町村から公的融資を受けることも可能です。保証人をつけることができれば無利子で借入れすることも可能になります。生活費を借入れることができ、仕事が決まるように支援もしてもらえますので、一度「総合支援資金貸付制度」を行っている市町村の社会福祉協議会の窓口に問い合わせてみると良いと思います。

 

借金の返済に利用することはできませんが、生活費として借入れして、そこから親に返済すると良いでしょう。

 

親から自立したいと考えている場合は、住宅の入居に必要な費用も借入れすることが可能になっています。たとえば、敷金・礼金、初回の家賃や管理費や保険料などの契約時に必要な費用が対象となっています。